ツインドラゴンハナハナ-30の新台、天井、設定判別、立ち回り実践情報

実践値データ

スペック / 解析・情報

機種名 ツインドラゴンハナハナ-30
導入(予定)日 2018/10/15
設定 BIG確率 REG確率 機械割
1 1/296 1/492 96%
2 1/286 1/461 98%
3 1/275 1/431 101%
4 1/262 1/397 104%
5 1/249 1/368 107%
6 1/232 1/331 112%
設定 ボーナス
1 1/185
2 1/176
3 1/168
4 1/157
5 1/148
6 1/136

登録タグ:

初打ちガイド(画像)

初打ちの前にゲームフローを把握しよう!
■メーカー名:パイオニア

天井: G

詳細情報

スペックについて

【ボーナス】

▼BIG
345枚を超える払い出しで終了

▼REG
135枚を超える払い出しで終了

【新筐体 ジェネシス】

クリアサウンド:より鮮明に、より圧倒的に
マットフレーム:コーナーランプ映り込みを抑制
新コーナーランプ:専用アタッチメント搭載
新プレミアムバイブレーション:双龍の衝撃を体感せよ!
龍玉(TOP)パネル:新たなゲーム性の深化
ウイングランプ:七色の光によるインパクト!
フルカラーリールライト:歓喜の瞬間をよりゴージャスに!
双龍リール:双龍をイメージしたゴールドリールを採用!
フルカラーサイドランプ:遠めからでも分かる圧倒的存在感


天井・リセット・ゾーンについて

▼天井
なし

▼リセット
朝一リセット時には特別な恩恵はありません。

▼ゾーン
搭載なし

▼モード
搭載なし

▼天国
搭載なし

予告・演出について

ハイビスカスランプ
レバーON時に筺体上部左右にあるハイビスカスが光ればボーナス濃厚! 
「花びらだけ点滅」や「めしべだけ点滅」、「回転点滅」といった
変則パターンはプレミアム点滅となりBIG濃厚に!? 
ハナハナ専用アタッチメントを搭載した新筺体採用により、
各パーツ毎の点滅がよりクッキリと美麗に表現されているぞ。

プレミアム演出
BIG濃厚となるプレミアム演出は「フリーズ演出」 「バウンドストップ」」
「MAXBETボタン変化」 「サウンド系演出」、筺体上部のウイングランプが七色に輝く
「レインボーランプフラッシュ」、バックライトがV字に光る「バックライトフラッシュ」など
多数用意されている。


設定判別・期待度について

〜示唆演出〜

サイドランプフラッシュ
◆寒色系(青・緑)
設定1・3・5など奇数設定時に出やすい
高設定ほど緑が出やすい

暖色系(黄・赤)
設定2・4の偶数設定時に出やすい
設定4ほど赤が出やすい

レインボー
高設定ほど出やすい
設定6は青・黄・緑・赤が均等に出現

龍玉ランプフラッシュ
龍玉ランプはビッグorREG終了後にフラッシュする可能性あり

ビッグ後
フラッシュが発生するほど高設定に期待できる
青<黄<緑<赤<虹

REG後
フラッシュ発生時点で設定3以上確定
青・黄…設定3以上確定
緑・赤…設定5以上確定
虹…設定6確定

小役について

小役確率

通常時

設定 リプレイ ベル チェリー スイカ
2 1/7.41 1/8.08 1/48.23 1/162.00
5 1/7.48 1/7.46 1/49.18 1/141.76
6 1/7.66 1/7.22 1/43.84 1/145.56

〜感想〜

本機は「ドラゴンハナハナ」「ハナハナホウオウ」に続く神獣シリーズ第3弾。
演出は、ハイビスカスのコーナーランプが高性能化。
花びら一枚、葉っぱ、めしべと精細に領域が区分され、より表現力が増した。
スペック面も強化され、ボーナス合算確率が1/185〜136と
神獣シリーズ最高峰となっているのが見どころですね!

口コミ

校正くん
2019年7月23日
ツインにしなくても、今までのドラハナで十分です。最近のパイオニアは、何がしたいのかよく分かりません。そろそろハナハナシリーズのリール配列を変更するなり、華を上部に2個から左下に1個にするなりの、大きな変化が欲しいです。

ヒロ
2019年7月23日
ハイビスカスランプが点くとボーナス確定する。BIGCHANCE確定の点滅、演出あってボーナス中のサウンドがメタルバンドのガーゴイルが専用におろした楽曲になると最高です。

ウィッシュ
2019年7月23日
ハナハナシリーズの後継機です。今まで同様にノーマルA-タイプで貸しメダルが大きいのが特徴です。新しい演出が増えたのが大きな変更点のようです。

ミツ
2019年7月23日
この台はやはりレバーオンで花が光るか毎回楽しみな台だそれに百ゲーム以内の花連での出玉 設定推測は子役を良く数えていた

ゆきんこ
2019年7月23日
気軽にできる沖スロ!ハイビスカスが光るとワクワクしてしまいます。次回したら光るんじゃないかとついついメダルを追加投入してしまいます。

ネサラ
2019年7月23日
三枚掛けてレバーオン!両サイドのハイビスカスが光ればボーナス確定です。多彩な光りかたがあります。ドラゴンフリーズもあり、連チャンするとビック中歌が流れます。

ダンダン
2019年7月23日
筐体が他のハナハナと違い、変な玉が色んな光り方をするのですが、たぶん設定推測の要素になっていると思うので、これからも打ち込んで行きながら調べていこうと思ってます

パチパンチ
2019年7月23日
ハナハナシリーズのひとつで過去の台と同じく波の上下は激しいですが、連チャンBIGも満足度が高い。リールの目押しがある程度できるのでスイカなど取りこぼしをしないようにすればガクッと下がることもないです。変わらないシンプルさながらも、演出が明るめにリニューアルされていて旧作ファンも楽しめる台です。

ヤング007
2019年7月23日
設定6の挙動でもなかなか増えない。私だけでしょうか。音が楽しくシンプルなのでついつい打ってしまう魅力はある台です。うーん、今日も行こうかな。

あゆごろ
2019年7月23日
単純シンプルな完全告知です。派手に光るのでとても楽しく感じる。ボーナス確率も低く遊びやすくなっています。はじめての人も、なれた人も楽しめる機種です。

じじい
2019年7月23日
不動の人気のAタイプです。ツインドラゴンから実装された新しいプレミア発光があります。ハナハナシリーズは毎回飽きさせない演出と昔ながらの伝統を残すパイオニアの代表作です。

かにゃ
2019年7月23日
ハナハナシリーズで一番好きです!音楽やテンパイ音が耳に心地よく、低設定でも飽きずに数時間はまってしまうのと爆発したときの高揚感がたまりません??

cuon
2019年7月23日
BIG中のBGMで流れるギター音が今までのハナハナシリーズにありそうでなかった格好いい音楽です。設定示唆なども増えて、やり込む程に奥深さを感じられる素晴らしい完成度に仕上がっていると感じます。

やまちょん
2019年7月23日
沖スロの代表機種ハナハナです。完全告知のノーマルタイプですが多彩な告知パターンがあります。ジャグラーのGOGOランプとはまた違うハイビスカスの光に、非常に癒されます。

にこ
2019年7月23日
光りものは単旬明快でわかりやすいです、昔からはな系はだいすきでした、なんせ分かりやすい機種だと思います。

かぁ
2019年7月23日
ハナハナシリーズの中でも、特にハイビスカスランプが映える機種です。ピンク7からのビッグボーナスとレギュラーボーナスのサウンドがとてもカッコイイです。ボーナス後の宝玉ランプの色変化、レギュラーボーナス中スイカ揃い時のランプの色、ビッグボーナス中のスイカ出現率など、打ち込める要素が満載です。

パピー
2019年7月23日
以前のハナハナ同様ハイビスカスの点滅する演出がいい。その上今回は竜玉色変化の演出やフリーズ演出にドキドキ感が最高の台になっている。

クアッガ
2019年7月23日
安心のAタイプで、どこからでも打てます。ハイビスカスが光れば当たりという単純ですが、ハマります。ハイビスカスの光り方も多彩で、打っていて飽きません。ボーナスも比較的軽く、当たった後にARTに入るかどうかとか気を使うことなく遊べます。波があるのか怒涛の如く連チャンする事も多く、コイン持ちが良く長く遊べます。

ユニバカ
2019年7月23日
シリーズ伝統のハイビスカスが光った瞬間の高揚感は何物にも変えられません。また、設定判別要素も複数ある為、信頼できるイベントなどでは、キッチリ立ち回る事ができ、収支も安定すると思います。

TAKA
2019年7月23日
私は基本的にAタイプのみを打っております。ハナハナシリーズは、花が点灯すると当たりというシンプルなゲーム性が気に入っております。個人的には後告知の割合がもう少し高いとより楽しい気がします。新しく搭載された龍玉ランプフラッシュが設定の推測の要素が増えて打ちながら色々と考えられるので楽しいです。

実践値データ

新台は入替当日閉店後の夜間に集計!平均出玉や平均獲得枚数を把握すれば、予算や平均投資額の参考にもなるっ! ご利用は計画的に、ご予算の範囲で遊びましょう!

大当たり確率(実践値)

1/172

流しメダル平均(実践値)

945枚

平均プラス率(実践値)

30.5%

・大当たり確率:AT/ARTなども含んだ合算確率です。 ・平均流し玉/流しメダル平均/平均プラス率:一日ごとに各台を集計し 、アウトがプラスで終わった台の集計を行っております。 ・データにつきましてはシステムで自動処理を行った結果に基づいた情報を表示しておりますが、 情報の正確性につきましては保障いたしません。 あくまでご自身の判断でご利用下さい。 なお、データの出典につきまして特定の店舗、機種、調整に基づいたデータではございません。

ボーナス/AT(ART)出現ゾーン
G数 件数 割合
1〜32 22,633 18.4%
33〜100 35,897 29.1%
101〜150 18,146 14.7%
151〜200 13,175 10.7%
201〜250 9,467 7.7%
251〜300 7,046 5.7%
301〜350 4,836 3.9%
351〜400 3,465 2.8%
401〜450 2,463 2.0%
451〜500 1,696 1.4%
501〜550 1,206 1.0%
551〜1700 3,131 2.5%

ツインドラゴンハナハナ-30の関連動画

ツインドラゴンハナハナ-30の台データ公開店舗

治験

ページの先頭へ戻る

投票は1日1回までです!!