P七つの大罪 強欲Ver./EXAの新台、天井、設定判別、立ち回り実践情報

実践値データ

スペック / 解析・情報

P七つの大罪 強欲Ver./EXAの筐体

(c)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会・MBS (c)鈴木央・講談社/「七つの大罪 TVSP」製作委員会・MBS (c)鈴木央・講談社, (C)Sammy

機種名 P七つの大罪 強欲Ver./EXA
導入(予定)日 2019/04/15

登録タグ:

初打ちガイド(画像)

初打ちの前にゲームフローを把握しよう!

基本情報

■メーカー名:サミー

詳細情報

スペックについて

大当り確率:約1/199.8→約1/6.47
時短突入率:ヘソ:50% 電チュー:100%(継続率約90%)
賞球数:1&3&4(ヘソ)&5&8
ラウンド:5R or 10R
カウント:10カウント
出玉:約400個(10R・上アタッカー時、または5R・下アタッカー時)
or 約800個(10R・下アタッカー時)
時短:0 or 7 or 99回

予告・演出・保留・期待度について

予告演出

●保留変化予告
液晶画面下部の保留アイコンが変化したらチャンス!

流星ZONE
突入時点でSPリーチ以上発展の期待度大!!

ディアンヌ連続予告
ディアンヌの使用する技で期待度が変化。マザーカタストロフ発動で大チャンス!!

バン連続予告
強奪系と不死身系が存在。強奪系は強奪する回数が多いほど期待でき、不死身系は再生回数が多いほど期待度アップ!

キング連続予告
神器・霊槍シャスティフォルの形態によって期待度変化。

メリオダス連続予告
他の連続予告から発展。期待度は高め。

エピソードステップアップ予告
青空や白夢などパターンは多数で、チャンスアップも数多く存在。

大罪ステップアップ予告
最大でステップ5まで発展。

セリフ予告
キャラクターとセリフが表示。色や発展パターンなどさまざまな演出あり。

マーリンチャンス
変動中から大罪系SPリーチ前半までの間に出現する可能性がある。停止したキューブのリーチに発展。

メリオダス投剣予告
メリオダスが剣を投げる。保留アイコンの変化に注目!

全反撃予告
メリオダスの魔力が発動。最強の激アツ!!!

強背景予告
原作の世界観を踏襲した演出で、リーチ後予告。アツい!

リーチについて

スーパーリーチ演出

●大罪系SPリーチ(前半)
「ディアンヌリーチ」、「バンリーチ」、「キングリーチ」の3種類い存在。大罪系SPリーチ後半、もしくは喧嘩祭りCHANCEに発展する可能性あり。

大罪系SPリーチ(後半)
「ディアンヌリーチ」→「VSギーラ」
「バンリーチ」→「VSジェリコ」
「キングリーチ」→「VSヘルブラム」
前半から後半へは上記3種にそれぞれ発展。後半発展時は対決リーチかエピソード系のどちらかに移行。「エピソード系」であれば期待度さらにアップ!大罪系SPリーチの後半には「マーリンチャンス」から発展することもある。

喧嘩祭りCHANCE
「SDレースリーチ」や「紋章リーチ」、「エリザベスリーチ」などから発展する可能性がある。対戦カードによって期待度が異なる。メリオダスVSバンになれば激アツ!!

メリオダス系SPリーチ
基本パターンは「VSヘンドリクセン」「VSギルサンダー」「VSツイーゴ」の3種類。原作を再現したメリオダスのバトルが展開される。
キャラクター名が表示された際に【憤怒の罪】ギミックが発動すると「七つの大罪集結SP」へ。女神の琥魄解放チャンス成功から「メリオダス魔神化」に発展するパターンもある。

大当たり・モードについて

重要演出

●バトルボーナス
初当り時のバトルボーナス中は2種類の告知パターンが存在。通常時の大当たりで、必ず約400個の払い出し出玉を得ることができる。右打ちする。
ラウンド中は「バトル告知」か「一発告知」のどちらかをプレイヤーが選択し、「バトル告知」ならメイオダス勝利でRUSH突入で、「一発告知」の場合はホークの頭にあるパトランプが光れば99回時短の「SEVEN RUSH」突入。

SEVEN RUSH
通常時大当たりの50%、電サポ中大当たりでは必ず突入するモード。
「バトル」、「ゲーム」、「ストーリー」の各モードがあり、ラウンド中に好きなモードが選択可能。
「バトルモード」は王道のバトル演出で、ギデオン、フォックスハント、シャスティフォルなどの各専用予告がある。
「ゲームモード」は、パチンコオリジナルで、パーティーゲームの種類で期待度が変化。
「ストーリーモード」はアニメの名シーンが堪能でき、回想本、名場面パネル、あらすじなどの各専用予告、生命の泉、果たされる約束、騎士の教えなどの各専用リーチがある。

●全反撃チャンス
全反撃チャンス(フルカウンターチャンス)は、SEVEN RUSH終了後に移行する最大4回転の保留消化する引き戻しゾーン。演出が成功すれば大当り濃厚でSEVEN RUSHに復帰。ここでの引き戻し率は約49%に達する。

裏ボタン・朝一について

■裏ボタン

【通常時
・大罪系SPリーチのカットイン時に、左右ボタンを押すと1/2で虹発光
・ドラゴンシンギミック落下時に、ボタンを押すと1/2で虹発光
・エピソード系リーチ発展のロゴギミック落下時に、ボタンを押すと1/2で虹発光

セブンラッシュ時(バトルモード選択時)
・殺陣競り合いのボタン表示時に、左右ボタンを押すと1/2で虹発光
・シェイク競り合いのボタン表示時に、左右ボタンを押すと1/2で虹発光
・バトルスタートのタイトルが表示時に、ボタンを押すと1/2で虹発光

■朝一ランプ
搭載なし

感想

「ぱちんこCR七つの大罪」が、継続率を強欲に進化させた「P七つの大罪 強欲Ver.」として登場。リーチ演出にはメリオダス登場で大チャンスとなる「メリオダス系SPリーチ」や、〈七つの大罪〉集結で大チャンスとなる「七つの大罪集結SPリーチ」が用意されているので期待できそう!

口コミ

りん
2019年8月29日
アニメで見ていた人ならすんなり入れる台です。SPリーチ等の演出も作りこまれていてとても評価できる台です。

ユイハ
2019年8月29日
ライトミドルスペックと遊び易いスペックで登場し、RUSHに突入すれば継続率は80%大当たり継続平均も5.8回と長く遊べるようになっている。右打ちRUSH中の大当たりは5Rが77%、10Rが23%と大当たりのほとんどが5Rで私が打った時は9回当たりましたがすべて5Rで出玉も5000発ぐらいだった様に思います。

4号機マニア
2019年8月29日
七つの大罪は漫画で良く読む作品なので、パチンコになるのを楽しみにしてました。漫画通りの必殺技など、演出も原作をうまく表現していて、爆発力もあり、是非一度打っていただきたい台だと思います。

ウィッシュ
2019年8月29日
この機種は漫画からパチンコとなっているのですが原作を知らないと演出関連が楽しめない仕様になっています。もう少し原作を知らない人でもストーリーがわかる台にしてほしいです。

なおそら
2019年8月29日
大人気アニメ「七つの大罪」とのタイアップ機として『ぱちんこCR七つの大罪』が満を持して登場しました。本機では、初当りが約1,800発獲得+50%で電サポSEVEN RUSHへ突入し、突入時は実質大当り2回以上となる全反撃スペックが特徴となっていて、爽快な出玉感に期待ができます。

さとうさん
2019年8月29日
大人気の七つの大罪タイアップ、フォックス・シン「強欲」の登場です!名前からしてパチンコ向けですなー、強欲の名の通り継続率も「全反撃チャンス」を含めると90%を超える激アツ加減です!

あうえい
2019年8月29日
初ウチの時には、保留が変わればついてました。ですが、後が引けない。本当に継続率高いのかわからない。最高3連でした。

ガクト
2019年8月29日
ラッシュ中でも復活当たりはなかなかみれませんが、通常時復活当たりをはじめて経験しました。これを機に続けようと思ってましたが、入場時に赤保留来て疑似3バンに発展で後半発展はありませんでした。フルカウンターは最高に盛り上がります。ですが全体的に演出多い割に期待値薄いのが残念です。合算継続率90%とは名ばかりで、実質10Rへまずないです。

鉄人28号
2019年8月29日
この機種は、打って行くうちにだんだん効果音が変わって行く段階が、堪らなくしきです、わくわくかんがたまりませう

とんたま
2019年8月29日
タイトルキリン柄でも平気で外します。赤保留、キリン柄、集結等の演出バランスが悪いので1度やるともうやりたくないです。

ショウ
2019年8月29日
原作にかなり忠実に演出シーンを再現していて、リーチアクションは結構興奮します。初回大当りの出玉が少ないのは、この世代の機種としてはしょうがない事なのですが、確変に入れば連チャンも結構しますし、時短引戻しもよくあるので、全体的には、良い台だと言えるでしょう。

muku
2019年8月29日
原作が好で、遊びやすいスペックでもあり打ってみたものの当たりが遠いです。激アツ演出すべて絡まないと当たらないイメージ。継続率が高いので連チャンはするものの、出玉は少ない。まぁ勝てれば何でもOKですけど(笑)

ぱーちぱーち
2019年8月29日
はじまてパチンコをやってみたのですがまず初心者でもまあまあ分かりやすかったです。1番心惹かれたのは好きなアニメとのコラボ魅力でした。ぼっとうし過ぎない程度にやりたいです。

クロムダ
2019年8月29日
演出が他の機種と比べて群を抜いてカッコいいです。初当たり時に50%を超えれば90%の継続率のボーナスはとても爽快感があり演出もからんでとても面白い台です。

パチなち子
2019年8月29日
ライトミドルの方がミドルverより更に当たらない感じ。でもその分演出は色々見られるようになっているので、原作好きにはアリかな。たまーにある復活当たりはテンション上がります。

パチンカス太郎
2019年8月29日
サミー特有の演出過多な場面もあるがそれを補うようにして面白い演出も多々ある。出玉的にも最近の台の中では良い方だと思う

たろ
2019年8月29日
確変に入るとたいしたことない演出でもサクサク当たるのでとても楽しかったです。歌がよく盛り上がるのも魅力的です。ミドルタイプよりこちらのほうが楽しめます。

もぅ
2019年8月29日
七つの大罪のアニメを観たことのある人ない人もみんな楽しめる内容になっていて、なおかつパチンコも同時に楽しめることが出来ます。

なオスロ
2019年8月29日
七つの大罪とのタイアップ機は、遊びやすい手をつけやすいライトミドルタイプであり、RUSH継続率が約90%にアップしたスペックが特徴です。出玉のカギのSEVEN RUSHは、バトルボーナス中の演出で成功した場合、電サポ中の大当り後に突入します。SEVEN RUSH中は、当たり確率が約1/6.47となっており、大当り後は再びSEVEN RUSHへ突入します。、RUSH継続率は約80%と期待マックスです。

青柳
2019年8月29日
演出に関しては、題材を知らなくても楽しめます。当落の演出バランスがはっきりしすぎていて、もう少しサプライズがあるとよかったです。現行規制の中では、非常に夢のあるスペックだと思います。

shiba
2019年8月29日
単発が多いのイメージあったけど、大当たり後の時短7回だけだから、右打ちがダラダラ長い機種より全然楽しい。

よった
2019年8月29日
連チャンしたら楽しいが、確変にならないと単発が続くのでイライラするなかなか当たらないのは、やっててしんどいです

ぼーぼーぼー
2019年8月29日
ライトミドルで遊びやすい。一度、ラッシュに入ると継続率も高いので、連チャンも期待できる。ただ、5000発以上は、なかなかでにくい印象がある。

ナギナギ
2019年8月29日
一度、SEVENRUSHに突入すると、実質80%の継続率なので、楽しい。おなじみのメリオダス、ヴァンなど原作の世界観がよく再現されてます。全反撃(フルカウンター)予告は特に熱くなれるし、カッコいいので、必見です。

実践値データ

新台は入替当日閉店後の夜間に集計!平均出玉や平均獲得枚数を把握すれば、予算や平均投資額の参考にもなるっ! ご利用は計画的に、ご予算の範囲で遊びましょう!

大当たり確率(実践値)

1/41

流し玉平均(実践値)

5,882玉

平均プラス率(実践値)

31.5%

・大当たり確率:AT/ARTなども含んだ合算確率です。 ・平均流し玉/流しメダル平均/平均プラス率:一日ごとに各台を集計し 、アウトがプラスで終わった台の集計を行っております。 ・データにつきましてはシステムで自動処理を行った結果に基づいた情報を表示しておりますが、 情報の正確性につきましては保障いたしません。 あくまでご自身の判断でご利用下さい。 なお、データの出典につきまして特定の店舗、機種、調整に基づいたデータではございません。

特賞発生回転数
G数 件数 割合
1〜50 33,462 86.8%
51〜100 1,380 3.6%
101〜150 1,026 2.7%
151〜200 722 1.9%
201〜250 545 1.4%
251〜1700 1,425 3.6%

P七つの大罪 強欲Ver./EXAの関連動画



P七つの大罪 強欲Ver./EXAの台データ公開店舗

治験

ページの先頭へ戻る

投票は1日1回までです!!