ジャングルマスターコングダムの新台、天井、設定判別、立ち回り実践情報

実践値データ

スペック / 解析・情報

機種名 ジャングルマスターコングダム
導入(予定)日 2019/05/07
設定 BIG確率 REG確率 機械割
1 1/300.6 1/374.5 97.3%
2 1/291.3 1/337.8 100.2%
5 1/283.7 1/299.3 105.1%
6 1/271.9 1/273.1 108.5%
設定 ボーナス
1 1/166.8
2 1/156.4
5 1/145.6
6 1/136.2

登録タグ:

初打ちガイド(画像)

初打ちの前にゲームフローを把握しよう!
■メーカー名:山佐

天井: G

詳細情報

スペック・解析について

▼ボーナス

■BIG:最大300枚獲得 ・赤7揃い、「赤7(青サングラス)・赤7・赤7」、緑7揃い

■REG:最大84枚獲得  ・「緑7・緑7・BAR」、BAR揃い
BB後はRT「ナイトモード」へ。

■RT「ナイトモード」
20G継続。
昇格リプレイ成立でRT「ジャングルタイム」へ。

■RT「ジャングルタイム」
100or999G継続。

●特徴
・「コングダム」の後継機
・初代「コングダム」を徹底再現
・前作のリール配列を踏襲!総数1,568通りのチャンスパターン!
・「ナビ矛盾」メインのゲーム性を徹底追及
・最大999GのRTを搭載



天国・モードについて

詳細確認中・・・

予告・演出について

▼ナビ矛盾
テトラリールに停止したキャラクターの対応役がメインリールで揃わなかったらナビ矛盾=ボーナスとなる。
ただし、対応役によっては目押しが条件になるものがあるので、テトラが始動したら小役狙いを実践しよう。

▼テトラリールのキャラクター対応役
対応役があるキャラクターは5種類。
オウムはリプレイ、ワニはプラム、ヘビはチェリー、ゾウはベル、カメレオン(白)はハズレ or ボーナスとなっている。
チェリーやベルは取りこぼしに注意。

▼テトラリールのチャンスキャラクター
小役対応キャラではなく、出現しただけでチャンスとなるキャラクターも。
信頼度は「カメレオン(緑) → カメレオン(赤) → コング → ドデカコング → ジャガー」の順でアップ。
コングは演出発展のチャンスで、ドデカコングやジャガーは激アツ!

▼テトラリールのアクション
テトラリールのアクションは多彩。「Wナビ」発生時はチャンス。
「ストロボフラッシュ」はナビ図柄が1つなら、「逆回転」は振動とバウンドストップを伴えば大チャンスとなる。

▼ステップアップ
リール上部のランプの点灯数は要注目。1 or 2個点灯は全役対応、3つ点灯は演出発展、赤点灯なら大チャンス!? 
点灯タイミングはリール停止時なのだが、タイミングがズレたら……超チャンスとなる。

▼テトラリールの遅れ
テトラリールの始動タイミングが遅れたらチャンス。逆回転を伴えば超チャンス!

天井・リセットについて

■天井:非搭載

■リセット:詳細確認中・・・

ゾーン・期待度について

【テトラアクション】

リールの右に配置されたテトラリールのアクションは成立役やボーナス期待度などを示唆。
・オウム リプレイ
・ヘビ  チェリー
・ワニ  プラム
・ゾウ  ベル
・カメレオン  ハズレ or ボーナス※緑や赤に変化でチャンス
・コング  チャンス
・コング(顔) 大チャンス
・ジャガー  激アツ
カメレオンやコングが出現すれば発展のチャンス。リールが回転して最終的に「7」が停止すればボーナス確定!

▼リールの回転やナビの出現方法で期待度が変化。
・通常回転 期待度:★ ・予告音発生でチャンス、振動とバウンドストップ発生でハイチャンス
・Wナビ 期待度:★★ ・振動発生でハイチャンス
・ストロボフラッシュ 期待度:★★★ ・ナビ絵柄が1つならハイチャンス
・スーパーウェイト音逆回転 期待度:★★★★ ・振動とバウンドストップ発生でハイチャンス

▼テトラリールの遅れ
テトラリールが遅れて始動すればチャンス!
・遅れトータル出現率:約1/90
・遅れトータル期待度:約21%


小役・設定判別について

■設定差のある小役確率
プラム・チェリー・ベルなど各小役に設定差が存在する模様です。

■BIG中の設定示唆
BIG中の予告音あり時に特定箇所を目押しすると停止する出目で設定を示唆。
高設定確定パターンも存在する模様。

■BIGの比率
・赤7BIG…偶数設定で出現率が優遇
・緑7BIG…奇数設定で出現率が優遇

パターン別の示唆
・リプレイ入賞目 全設定で出現
・リプレイハズレ目 設定2以上確定
・緑7・ベル・緑7出現 設定5以上(設定6濃厚)

■ナイトモード中のハズレ確率
ナイトモード中のハズレ確率に設定差が存在する模様です。

■立ち回りポイント
ボーナス確率
現状は数値の差が大きい、REG確率を軸に設定判別するのがいいと思います。
1/300より優秀な台を目安にしよう。



〜感想〜

テトラリールを搭載した伝説の名機『コングダム』が、『ジャングルマスターコングダム』として復活を果たした。
本機はテトラによる小役ナビから派生する「ナビ矛盾」というゲーム性に加え、
RTを搭載することによって出玉性能に関しても納得できる仕様となっている。

実践値データ

新台は入替当日閉店後の夜間に集計!平均出玉や平均獲得枚数を把握すれば、予算や平均投資額の参考にもなるっ! ご利用は計画的に、ご予算の範囲で遊びましょう!

大当たり確率(実践値)

1/162

流しメダル平均(実践値)

622枚

平均プラス率(実践値)

58.3%

・大当たり確率:AT/ARTなども含んだ合算確率です。 ・平均流し玉/流しメダル平均/平均プラス率:一日ごとに各台を集計し 、アウトがプラスで終わった台の集計を行っております。 ・データにつきましてはシステムで自動処理を行った結果に基づいた情報を表示しておりますが、 情報の正確性につきましては保障いたしません。 あくまでご自身の判断でご利用下さい。 なお、データの出典につきまして特定の店舗、機種、調整に基づいたデータではございません。

ボーナス/AT(ART)出現ゾーン
G数 件数 割合
1〜32 62 15.9%
33〜100 107 27.5%
101〜150 70 18.0%
151〜200 36 9.3%
201〜250 41 10.5%
251〜300 19 4.9%
301〜350 13 3.3%
351〜400 14 3.6%
401〜450 5 1.3%
451〜500 6 1.5%
501〜550 10 2.6%
551〜800 6 1.6%

ジャングルマスターコングダムの関連動画

ジャングルマスターコングダムの台データ公開店舗

治験

ページの先頭へ戻る

投票は1日1回までです!!