パチスロのやり方について【初心者編】 - パチンコ スロットの機種・新台・店舗情報

ピーケンニュース

2019-05-1015:44:00 up
パチスロのやり方について【初心者編】

編集部注目


パチスロ初心者必見!!

パチスロ打ってみたいけれど難しいかも。
まず初めに何をしたらいいの?など不安だと思います。
今回はパチスロ初心者入門講座としてスロットのやり方の基本的な流れや台の打ち方選び方などパチスロ初心者に向けた記事となっています。

目次

1)パチスロのやり方の基本的な流れ
2)初心者おすすめのパチスロの打ち方及び選び方
3)パチスロの目押しの方法
4)パチスロ終了するとき
5)まとめ


パチスロのやり方の基本的な流れ



お金を入れる


打ちたい台を選んだらお金をいれましょう。「サンド」といわれるお金の投入口があるのでそこに現金を入れます。投入口はスロット台の右上当たりになります。
お金はお札のみとなっており、基本的には1000円札、2000円札、5000円札、1万円札全てに対応していますが、一部の店舗では1000円札のみ、しか扱えない店舗もあります。また、お金を入れるとメダルが出る店舗もありますが、お金を入れたあと貸出ボタンを押してからメダルが出てくる店舗もあります。

お金をメダルに変える


スロットには20円スロット、10円スロット、5円スロットなど様々なレートがあります。20円スロットが主流となります。
メダルは1000円単位で出てくるので、1万円をいれた場合
(メダル1枚=20円×50枚=1000円)が出てくることになります。そして残りの9000円は追加でメダル貸出ボタンを押すことでメダルを出すことができます。

メダルを投入口に入れる


出てきたメダルをスロット台右側にあるメダル投入口に入れます。最大50枚までいれることが可能です。

レバーを叩く


スロット台の左側にあるレバーを叩くとリールが回転します。メダル3枚を投入すると1回転させることができます。

ボタンを押してリールを止める


ボタンは左から順に左→中→右という順番に押します。※機種によっては中や右から押してしまうとペナルティとなる場合がある。
流れとしては、コインを入れる→レバーを叩く→ボタンを押してリールを止めるの繰り返しです。メダル一度に数十枚入れた場合は台の左側にある「MAX BET」のボタンを押せばレバーを叩くことができます。

初心者おすすめのパチスロの打ち方及び選び方




最初は打たずにパチンコ屋全体を回る


まず台を選ぶ前に他の人がどう打っているのかパチンコ屋全体回って観察してみましょう。そして勝っている台があればあくまで待ってみましょう。

レートが小さいものを選ぶ


スロットのゲーム性を理解するまでは5円スロットや2円スロットなどレートが小さいので打ってみましょう。20円スロットより少ないお金で長時間楽しむことができます。

おすすめの台はジャグラーシリーズ


スロットもたくさんの機種がありますが、初心者向けにおすすめの台はジャグラーシリーズです。どこの店舗にも置いてある人気の台です。リールの左下にあるゴーゴーランプが光ればボーナス確定で、ボーナス確定の状態になると、7を狙ってボタンを押すと7が揃う!という、シンプルでわかりやすい台となっておりゲーム数に関係なく打つことが可能で、やめる時もゲーム数は関係がない。

ノーマル機・ART機・AT機との違い


・ノーマル機
ボーナスのみで出玉を増やすタイプ。「ジャグラー」「キングハナハナ」などの機種がノーマル機。ボーナスのみで出玉を増やすため、一度ボーナスが終了すると通常画面に戻る。ゲーム性がシンプルで設定判別がしやすい。

・ART機
ARTというのは(アシスト・リプレイ・タイプ)の略で、
簡単に言うとART機はARTに入ると、通常時よりリプレイ確率を大幅にアップ(RT:リプレイタイム)した状態で、押し順(小役など)のアシスト(ナビ)をしてくれる機種を言います。
ボーナスとARTがうまく絡めば大きな出玉獲得につながる。

パチスロの目押しの方法



パチスロの目押しとは


目押しとは絵柄を狙ってリールを止めることを指します。目押しをするのは基本的に、ボーナス図柄を揃える・小役を揃える為に使います。レバーを引いた時点で揃う小役は決まっています。なので打つ方としては逆にその小役を表示リール上に止める必要があります。止められない場合コンピュータ内部で小役は成立していても払い出しせず損をします。
通常時はこの小役の払い出し枚数を獲得するために絵柄を狙う事を目的に目押しをします。
ボーナスが成立したらそのままボーナスを狙うために目押しします。

目押しのやり方


ジャグラーの場合、左・中・右とも絵柄が大きいバーを目標にしてリールを止めましょう。チェリーなど狙うことが可能です。

目押しのコツ


目押しのコツとしてまずタイミングが重要となってきます。リールは1秒間で1回転します。なので狙いたい絵柄付近が通過した大体1秒後に押すことで揃える、というものです。
ポイントとしてはリールの回転を意識する事です。リールが非表示の時も目で追うとタイミングが計りやすいですよ。

パチスロの設定とは


パチスロの設定とは勝ちやすさを決める値です。実はお店側がパチスロ台の設定を変更することによって、その台がその日どれだけ出るかを決められているのです。
基本的な設定は1から6までの6段階となります。設定が1から6になるにあたりボーナスの確率が上がっていることです。具体的にいうと設定1は当たりにくく、設定6は一番当たりやすくなります。
設定1から3までを主に低設定と呼び、設定4から6までを高設定と呼ぶ。設定の変更はパチンコ店の店長が変更するが設定師があるところは設定師が行う。
設定変更の時間帯は閉店後に実地します。パチスロの台を開けて設定変更の鍵(キー)を使って設定を変更します。

スロットの設定をまとめると以下のとおりです。
・設定は設定6が勝ちやすく、設定1が負けやすい
・設定はお店が設定しているためお客さんはわからない

パチスロを終了するとき



途中で止める場合


カード返却ボタンを押すと残高カードが出てきます。

メダルを数える


メダルはドル箱に入れ、ジェットカウンターという機械があるので、その場所までメダルを持っていきます。残高カードが残っている場合、カード返却ボタンで取り出しホール内に精算機で精算しましょう。

店員さんにジェットカウンターでメダルを流してもらう



ジェットカウンターでメダルを流すのは店員さんが行います。お客さんは触ってはいけないルールとなっています。

メダル枚数が記載されたレシートを受領


店員さんがメダルを流した後、メダル枚数が記載されたレシートが発行されるので受取カウンター持っていく。

受付カウンターでレシートを景品やお菓子と交換


レシートを受付カウンターにいる店員さんに渡すと、メダルの枚数に応じた景品やお菓子と交換することができます。

景品を換金所に持っていく


換金所は、店外に設置されています。
場所はパチンコ店により違うので不明な場合は店員さんに聞くか他のお客さんについていきましょう。
換金所に着いたら景品を渡してお金を受け取ったら終わりです。

まとめ



パチスロの基本的な流れや台の打ち方・選び方などをまとめてみました。はじめのうちは緊張すると思いますが何回か遊んでいるうちに慣れてきて楽しくなってくると思いますし、立ち回りなどできるようになると思います。パチンコ店によってはスロット台のみ置いている店舗やパチンコ台のみの店舗、設定している台の機種や設けているレートが違っていたりするので、店舗ページなどで調べてから行くのもいいかも知れません。



治験

ページの先頭へ戻る