【競馬予想】2020/05/24:優駿牝馬(オークス) - パチンコ スロットの機種・新台・店舗情報

ピーケンニュース

2020-05-2400:00:00 up
【競馬予想】2020/05/24:優駿牝馬(オークス)

競馬予想


124の誘惑

SNS利用による問題の根底は教育と制度。倫理やマナーで抑制出来ていればものごとはすべて上手く回っている。社会的な制裁を受けるものとして明確に禁止や罰則を明示しなければ抑制にはならない。根本的な義務教育や法規制は時間がかかる。研修も全員一律で同じ水準の厳しい研修を受けるわけでもない。即効性があるとすれば雇用契約で明示することだが、セクハラやパワハラは社内での出来事に対する規制、SNSの匿名性、不特定多数という社外の問題をどう社内ルールで抑止していくかは難しい問題。抑止力としては見ている見られていることを適宜発信して訴え続けていくこと。すべての重要なことは風化させず継続的に認識させていくことが大事。

SNSに限らずツールの活用はメリットばかりが取り上げられがちだが、当然デメリットもある。ツールの提供側もそういったデメリットを理解した上でツールに様々な制限を設けて使えるよう日々アップデートをしているが、ツールのアップデートに付いていくのはなかなか難しい。提供する側も肥大化したツールに対してユーザーにわかりやすく情報提供し啓蒙していく努力が必要。そして周りは「ツールを使わない」ことも選択肢として提供することが大切。

プレミアリーグではチェルシーのカンテ選手やワトフォードのディーニー選手がウイルスに対する不安からチーム練習不参加。チームから練習参加は個人の判断に委ねられることを事前に通達されていての判断。これからのリスク対策はスピード感のある決定も大事だが、同様に選択肢を事前に提示出来るかが重要だろう。

馬券でのリスクの取り方は点数を増やすか絞るか。残念ながら買わないという選択はないのである。


過去10年の平均時計・配当


レコード:2.22.8(2019年:ラヴズオンリーユー)
平均タイム:2.26.6秒
平均上がり:35.7秒
平均単勝配当:944円
平均複勝配当:309円
平均馬連配当:8,990円
平均馬単配当:17,682円
平均3複配当:11,888円
平均3単配当:99,198円

※人気/着別度数/勝率
1番人気:5- 2- 1- 2/ 10:50.0%
2番人気:1- 2- 4- 3/ 10:10.0%
3番人気:2- 0- 1- 7/ 10:20.0%
4番人気:0- 1- 0- 9/ 10:0.0%
5番人気:1- 1- 1- 7/ 10:10.0%
6番人気:0- 1- 1- 8/ 10:0.0%
7〜人気:2- 2- 2-112/118:1.7%

平均配当からは人気薄は絡んでも1頭。1番人気は単軸、2番人気は複軸向きで1〜2人気の組み合わせで流せば2年に1回は当たる。


過去10年の前走レース別集計


※前走レース名/着別度数/勝率(馬券対象馬が出ているレースのみ抜粋)
桜花賞 :7- 4- 5-63/79:8.9%
忘れな草:3- 0- 0- 7/10:30.0%
フローラ:1- 4- 4-37/46:2.2%
スイート:0- 1- 0-17/18:0.0%
皐月賞 :0- 0- 1- 0/ 1:0.0%

※勝ち馬が出ている前走レースの該当馬
桜花賞:7- 4- 5-63/79:8.9%
1着:Cデアリングタクト
3着:Gスマイルカナ
4着:Aクラヴァシュドール
5着:Iミヤマザクラ
6着:Qサンクテュエール
7着:Mフィオリキアリ
8着:Pマルターズディオサ
10着:Eリアアメリア
11着:Nチェーンオブラブ
12着:Kマジックキャッスル
14着:Hインターミッション
16着:Lウーマンズハート

忘れな草:3- 0- 0- 7/10:30.0%
1着:Fウインマイティー
3着:Jリリーピュアハート

フローラ:1- 4- 4-37/46:2.2%
1着:Oウインマリリン
2着:Dホウオウピースフル

※各ステップレース勝ち馬の成績
※前走レース名/着別度数/勝率
桜花賞 :3- 1- 0- 4/ 8:37.5%
忘れな草:3- 0- 0- 7/10:30.0%
フローラ:1- 2- 1- 6/10:10.0%


16頭が勝ち馬の出ている3レースから出走。勝ち馬が11頭いるのは2010年がアパパネとサンテミリオンで同着だから。圧倒的に桜花賞組だがフローラステークス組も馬券内で見れば悪くない。


勝ち馬が出ている前走レースで馬券になった馬の条件をむりくり考察


桜花賞:7- 4- 5-19/35:20.0%
・3着以内
・4着以下:単勝1桁台の支持
1着:Cデアリングタクト
3着:Gスマイルカナ
4着:Aクラヴァシュドール
6着:Qサンクテュエール
8着:Pマルターズディオサ
10着:Eリアアメリア

忘れな草:3- 0- 0- 2/ 5:60.0%
・1着
・社台グループ生産
該当馬無し

フローラ:1- 4- 3-20/28:3.6%
・3着以内
1着:Oウインマリリン
2着:Dホウオウピースフル

大体上から順で人気になっている馬しか残らないという何の参考にもならない結果。

他組では@デゼルのスイトピーステークス組は基本馬券にならないがそもそもスイトピーステークス組で人気になる馬がいない。馬場改修後で単勝1桁台の評価だったのは勝利したカワカミプリンセスだけ。問題はこのオッズが日本人の中堅騎手でも1桁台なのかどうか。

フラワーカップ組は馬場改修後では去年のコントラチェック9着が最高成績。


Gスマイルカナ


Cデアリングタクトはこの枠ではマークされたところで先週のアーモンドアイのように差し負けることはない。まず馬券になる前提で負かすとすれば前にいる馬。高速対応も出来るスピードとしてマイルでも先行出来る能力は必要。

※過去3走以内でマイル以下の距離を2番手以内から競馬している馬
Gスマイルカナ
Iミヤマザクラ
Pマルターズディオサ
Qサンクテュエール

この中でハナを切る競馬をしたことがあるのはGスマイルカナのみ。

※桜花賞3着以内で2番手以内の競馬をしていた馬のオークス成績と通過順
※年度/馬名/桜花賞着順/オークス着順/オークス通過順
2015年:レッツゴードンキ:1着→10着:5-5-5-6
2010年:オウケンサクラ:2着→5着:12-10-10-11
2010年:エーシンリターンズ:3着→14着:5-7-7-5

阪神競馬場改修後に桜花賞で2番手以内から馬券になった馬がオークスに出走した例は3頭。どれも馬券外だが、注目すべきはオークスの通過順。2番手以内に行っていない。距離を考慮して溜める競馬を選択したのだろうが、そもそも好位で結果を出しているわけだから抑えてナンボではないはず。気分よく先行していたらの結果は神のみぞ知るところ。

今回Gスマイルカナは単騎濃厚。馬場改修後の先行した桜花賞3着以内馬で初めてオークスでハナに行く馬になる可能性が高い。引き付けずに一定のペースで刻めば残り1ハロンまでは楽しませてくれるはず。4コーナーからだいちーと叫びたい。

おまけの三連系相手ではノーザンファームのディープインパクト3頭。Eリアアメリア、Iミヤマザクラ、Qサンクテュエール、マイルで好位からの競馬をしているPマルターズディオサ、そして左回りに一縷の望みをかけてLウーマンズハート。


まとめ


◎:Cデアリングタクト
○:Gスマイルカナ
△:Eリアアメリア
△:Iミヤマザクラ
△:Lウーマンズハート
△:Pマルターズディオサ
△:Qサンクテュエール


あとがき


内枠主義者としては@ACの並びはそそられる。とはいえ三連複一番人気。ただ12倍も付くなら元取り程度には買いたい。三連複一番人気が出ると2005年シーザリオの年以来。そのときの配当は1280円。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
筆者:たないさん
俺プロ:https://orepro.netkeiba.com/mydata/mytop.html?id=13922579

競馬歴21年。ロサードに魅せられて薔薇一族を追っかける。複勝で一世風靡。トゥザヴィクトリー→ローズバドのエリザベス女王杯あたりが馬券のピーク。年間プラス収支を有馬記念につぎ込み当たればドロップアウトしようと毎年チャレンジするも人生で一度も有馬記念的中がないのが売りだったが、ここ二年的中してしまい、今年こそ今年こそが一年を生きる糧ではなくなっている。競馬以外で好きなものは中日ドラゴンズ、リヴァプール、そして家族。



ページの先頭へ戻る